bitmexvsgt

Coin Discovery Introduction

502おじさん: 502 Bad Gateway Token Founder(創設者)

 

 

502 Bad Gateway Tokenファウンダー。2017年から仮想通貨に参入し、相場を研究した末に独自の「502セオリー」を確立。502セオリーに沿ったトレード法はコアなトレーダーから人気を博す。502 Bad Gateway Token運営の傍ら、将来有望な銘柄を探すためのリサーチにも余念がない。

 

 

 

 

Media
Yahooニュース・ハーバービジネスオンライン・羊飼いのFXブログ・NewsPicks

 

 

 

 


 

 

502大佐: 502 Bad Gateway Token CIO(最高情報責任者)

 

2013年にビットコインを知り、MTGOXで購入するが、MTGOXが大規模なハッキング被害にあい取引所が破綻し、全ての資産を失った。その後、諦めききれない気持ちのなか、無名だったリップルを購入したのが転機となり、2017年4月の仮想通貨ブームからアルトコイントレーダーとして復活。

以前はシャア大佐として名乗っていたが、502おじさんの誘いで、Z502のCIO就任しシャア大佐から502大佐としてリブランドした。

独自に開発したファンダメンタル分析とテクニカル分析の両方を使い、数々のメジャーアルトコインから草コインを分析により暴騰を当てる。(特にNEOはANS時代から分析を行い暴騰を予測していた)現在はアルトコインアナリスト、草コインアナリストとしても複数の雑誌に記事提供を行っている。

 


Media
Ontology Japan Corporate MainNet event (KOLguest)2018.8.24

 

 

Magazine
週刊SPA・YENSPA・ネットマネー・資産を増やすビットコイン等

 

502シスター

 

502おじさんの妹。2017年に仮想通貨へ参入した兄と「寝ているだけで朝起きたらお金が増えている」というパワーワードをテレビで見た影響から2018年の年始にビットコインを購入した通称『出川組』。

購入して1ヵ月未満での『コインチェックハッキング事件』によるNEM盗難、乱立するICO、暴落し続けるなかで指をくわえてHODLというすべての洗礼を受け資産がじっくりコトコトのトロトロに溶けている。

そんな悲惨な状況でもブロックチェーンの可能性に惹かれ、様々なプロジェクトについて調査をすることが日課となる。

502 Bad Gateway Token CIO
本家Mt.GOXの被害で全資産を失う。その後リップルに出会い2017年の初頭から仮想通貨トレーダーとして再起。暴騰前のアルトコインを探索、解析など得意とする、古参の「草コインアナリスト」
ONTcorporate meet up in TOKYOにKOL(投資家代表)としてゲスト出演もおこない・複数の雑誌にコラム記事等を提供するなど活躍。