bitmexvsgt

ビットコインとは?

bitmexvsgt

ビットコインはデジタルゴールド?

まず、はじめに読んでもらいたいのが、ビットコインとは何か?という事です。

現状言われているのが「デジタルゴールド」「価値を保存できる財産」などと言われていますが

ビットコインとは、姿かたちはありません。

簡単に言えばビットコインというデーターに価値が付いてしまったのです。

ビットコインは2008年に「ナカモト・サトシ」という開発者によって作られました。

謎のベールに包まれた「ナカモト・サトシ」氏に関する記事はこちらをご覧ください。

 

P2P(ピア・ツー・ピア)の仕組みを利用することで簡単に送受信でき、当時は決済手数料も安いことから、ネット決済ツールとして非常に期待されていました。Bitcoin(ビットコイン)」について、どのようなものなのか、まず下記の動画をご覧ください。

 

上記の動画で解説をしていきます。

 

P2P(ピア・ツー・ピア)を利用した分散型通貨

ビットコインはP2P(ピア・ツー・ピア)の仕組みをりようしており、ビットコインを所持する人は、言いかえれば銀行の一部の機能を利用することができるという仕組みになっており、これが「分散型通貨」とよばれています。

 

ビットコインはどうやて作られる?非中央集権ってなに?

貨幣は通常、政府が状況などによって発行して作られますが、ビットコインはこれに対して政府のような中央集権をもっていない非中央集権の通貨なのです。

Bitcoin Mining(ビットコインマイニング)で採掘されて生まれる?

今はデジタル資産(デジタルマネー等)は多く種類があります。その資産は気軽にコンビニ・駅等で現金と交換ができるのが一般的ですが、ビットコインは取引所で交換ができるだけではなく、ビットコイン鉱山(マイニングプール)とよばれる場所で、パソコンやマイニング機材等を使って自らの手で「マイニング(採掘)」することができるのも特徴です。そしてマイニングを専門に行う業者も多く存在し「マイナー」とよばれています。

イメージとしては金鉱山の採掘にも思える感じです。そして、ビットコイン採掘ソフトが流通量と発行時期に関する数理的問題を解決し、ビットコインを生み出すのです。ビットコインは、マイナーの計算によって採掘される量が自動的に調整されます。
例えば、採掘する人が少なければ、ビットコインを採掘するのは容易にできます。

しかし多くのマイナーがマイニングに参加しビットコインを採掘するなら、採掘が困難になり時間がかかる仕組です。
そこで、早くマイニングをするために、マイニング専用チップ「ASIC」が開発・販売されたのです。
このマイニング機材販売と自らもマイニングを行なう会社で有名なのが「BITMAIN(ビットメイン)社」です。
ビットメイン社の創設者はジハン・ウー氏という方で、業界ではかなり有名です。

https://m.bitmain.com/

マイニングプールで共同採掘

今では、計算速度を高め、省電力化のマイニング機を使い、電気代が安い国へとマイナーが日々移動している状態です。
ビットコインの需要が高まり多くのマイナーが参加する結果、採掘はより難しくなってきたので、現在は「プール採掘」システムという方法でマイニングを行っています。

プールでは、採掘者はチームを結成してビットコインの採掘を協働し、自身の貢献度に応じてビットコインの分配を受けることができるシステムです。現在ではビットコインだけではなく他の仮想通貨もこのシステムを利用していることが多いです。

 

ビットコインのソフトウェアがオープンソースが2009年に公開

 

2009年1月にビットコインの倫理実現のためにソフトウェアがオープンソースとして公開されました。

その後、個人のフォーラムNew Liberty Standard により、ビットコインと法定通貨の交換レートが初めて提示されました。

なんとその時のレートは1ドルで1,309.03BTCという事です。

今考えると、ぞっとしますよね?

更に2010年に最初の取引所がオープンしていきました。

そして、ご存知MTGOXも2010年にオープンしビットコインはこのあたりから徐々に世間を広がを見せていき、現在に至るという事になります。

 

では、このビットコインはどのように使うのでしょうか?

z502 Media Project Coin Discoveryのアドミニです